ソーヴィニヨン・ブラン|Sauvignon Blancの特徴は?

ソーヴィニヨン・ブラン|Sauvignon Blanc

生産地


ソーヴィニヨンブランはイタリアでは主に北イタリアで栽培される国際品種の白ぶどう品種。原産地はフランスのロワール地方とされていますがオーストラリア、南アフリカ、チリなど、世界中広い地域で栽培されている品種です。特に最近評価されているのはニュージーランドのマールボロ地区でフレッシュさが特徴です。


 

ソーヴィニヨン・ブランの特徴


ソーヴィニヨン・ブランの特徴は、明るい緑色の、ワイン用としてはやや大粒のぶどうである。酸味が強くフレッシュ、青草、ハーブ、トロピカルフーツなどの香り。ワイン愛好家の間ではソーヴィニヨン・ブランは「猫のおしっこ」の香りがすると言われています。サンセールやプュイイフュメなど白ワインの銘醸地であるロワール地方のソーヴィニヨンブランは燻製のようなアロマが特徴です。

 

合わせたい料理


魚介類、生がきなど。シーフードサラダやフェタチーズの載ったギリシャ風サラダなど。また、お魚を使った和食、お寿司やお刺身にもよく会います。

 

 

Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です