ネッビオーロ|Nebbioloの特徴は?

 

ネッビオーロ|Nebbiolo

生産地


 ネッビオーロ (Nebbiolo) は、イタリア北部、ピエモンテ州やロンバルディア州、ヴァッレ・ダオスタ州で生産される黒ブドウの品種。ピエモンテ州では800年以上も前から栽培されていた歴史のある品種です。最高級赤ワインとされるバローロやバルバレスコは100%単一品種で作られます。

ネッビオーロという名は、イタリア語のネッビア(霧)からきており、他の県ではスパンナ(Spanna)、ロンバルディアではキアヴェンナスカ(Chiavennasca)、ヴァッレ・ダオスタではピクトゥネール(Picoutener、イタリア語でPicotendro)などと呼ばれ、地域によりボトルの品種表示が違うこともあります。

写真はランゲ地方のぶどう畑。ぶどう畑の景観はユネスコ世界遺産にも登録されています。

ネッビオーロの特徴


ネッビオーロは色が濃く、強いタンニンと酸が特徴。酸とタンニンの渋みが他の特徴とバランスをとるためには長期熟成が必要で、熟成されると味わいが広がり、薔薇やスミレや、チェリー、プルーン、ラズベリー、タバコ、トリュフ、ダークチョコレートなどの幅広いブーケを持つ世界で最も誘惑的とされる香りの高級ワインとなります。

 

ネッビオーロ初心者におすすめしたい、カッシーナ・キッコ社のまろやかなネッビオーロ。ロエロのテロワールを最大限に生かした優しくエレガントなネッビオーロです

「カッシーナ・キッコ」ワイナリー訪問記はこちら

Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です