Pouilly Fumé|プイィ・フュメ…とプイィ・フュイッセの違いは?

先日、美味しい白ワインに出会いました。

NYに住む友人のおすすめで連れて行ってもらったレストラン「The Clock Tower 」はレトロな雰囲気のインテリアがとてもお洒落で、かっこいい大人になった気分になれる場所。きっとかっこいい大人はこんなことすら思うこともなく平然と食事するんだろうけど。

それはともかく、こちらで頂いた白ワインがとっても美味しかったんです。フランスワインはまだまだ勉強中ですが、このワインがきっかけでPouilly Fumé|プイィ・フュメという言葉を覚えられたほど。

それで、先日ワインショップで見つけて早速購入。家に帰ってボトルを見ると、購入したのはプイィ・フュイッセ間違えてしまったみたい名前も似てるから似た感じなのかも、と飲んで見ると、味も香りも全く別物。調べて見たところ、それもそのはず、使用されているぶどうの品種が違うので特徴も違うわけですね。

 

The Clock Tower
5 Madison Ave, New York, NY 10010

プイィ・フュメとプイィ・フュイッセの違い


プイィ・フュメ|Pouilly Fumé

プイィ・フュメAOCはブルゴーニュ地方、中央フランス・ニエーヴル県にあるロワール川沿いの村プイィ=シュル=ロワールとその周辺の7つの村で生産されている辛口の白ワインです。

ベースとなるブドウ品種はSauvignion Blanc(ソーヴィニョンブラン)。

フュメとはフランス語で「煙」を意味し、その由来の1つはワインが燻製に似た香りを感じさせるからというのと、2つ目はSauvignion Blancが熟すと果実の表面に白い粉をふき、それが煙のように見えることから呼ばれるようになったのだそう。

明るい黄緑色で火打ち石を打ったような独特な香りが特徴です。

 

プイィ・フュィッセ|Pouilly Fuisse 

 

 

プイィ・フッセはブルゴーニュ地方ソーヌ=エ=ロワール県で生産されるChardonney(シャルドネ)がベースの辛口白ワインです。ソリュトレ・プイィ村に、プイィ山という石灰岩でできた山があり、その恩恵を受けたミネラル豊富なアルカリ性土壌は、シャルドネの栽培に適しています。

黄緑から黄金色でアーモンド、ヘーゼルナッツ、柑橘系の果物の香りなど華やかな香りが特徴です。

 

ということ失敗を踏まえて、今回は間違わずにPouilly Fuméを購入しました。

 

Pouilly Fumé AOC

生産者:Le Domaine Saget

品種:Sauvignon Blanc 100% 2014年

 

特徴:トロピカルフルーツ、白い花、野菜(トマトの茎)の香り、まろやか、心地良い余韻が残る

ワイン愛好家の間でソーヴィニョンブランはよく「猫のおしっこの香り」がするとも表現されますが(イメージはよくないですが、今度是非、香って見てください)ソーヴィニョンブランの特徴をしっかり感じれるワインでした。

 

ハーブを使ったシーフード料理と合わせて頂きたいワインです。

 

レストランでPouilly Fuisseをお勧めされた時

「今日はシャルドネがちょうど飲みたい気分でした」

なんて返事が返せたら、かっこいい大人になれた気がするかも…。

それでは皆さま、よい週末をお過ごしください。

 

 

Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です