北イタリアのワイナリー巡り|「Cascina Chicco」カッシーナ・キッコ

北イタリアのワイナリー巡り|「Cascina Chicco」カッシーナ・キッコ

イタリア旅行 ワイナリー Cascinachicco by ASMWINE.COM

Heart of Roero|美味しいワインを求めて「カナーレ」へ


イタリアワイン・田舎料理・大自然、が揃う場所といえば

世界遺産の「ぶどうの景観」が見所のロエロ地方。

 

トリノから車で40分ほど、のどかな田舎の風景を楽しみながらクーネオ県、カナーレへ向かいます。

この地域は、知る人ぞ知る美食の宝庫!ワインの他にもトリュフやサルシッチャ、ポルチーニ茸など、新鮮で貴重な食材で溢れています。

そして、カナーレ桃の名産地ということもあって春先から桃の花がワイン畑に混じり、色あざやかなぶどう畑を楽しむことができます。

Just about an hour’s drive from Turin.
Roero is one of the famous wine region where it is surrounded by great nature and food, such as truffle, porcini mushrooms etc. We are heading to Canale in Cuneo to look for wonderful wine!

 

Cascina Chicco |  実力派ワイナリー 「カッシーナ・キッコ」


今回ご招待頂いたのは、真っ白でエレガントな建物が印象的な「カッシーナ・キッコ」。ワインスペクテイターやガンベロロッソなどで高得点、高評価を獲得し続ける、現在とても勢いのある実力派ワイナリーです。
Impressive elegant white building welcomed us!

three-generation winery “Cascina Chicco”.  Their wines keep getting high score/rates by Wine Spectator, Gambero Rosso etc.

イタリア旅行 ワイナリー

地下に広がるスタイリッシュなセラー


本日、特別に案内してくださるのはエンリコ・ファチェンダさん。お父様、ご兄弟と共にワイナリーを経営されています。なんとカナーレの市長もお勤めになるエンリコさんお忙しい中、とてもご親切に案内してくださいました。

入り口では サラメリアとして営業していた当時の大理石のカウンターやハムのスライサーなどを見ることができます。

エンリコさんよりカッシーナ・キッコ社の所有するカナーレ、モンフォルテダルバにある畑の説明を聞き 、ガラス扉の奥にあるセラー内へと移動します。

イタリア旅行 ワイナリー

セラーへ一歩足を踏み入れると、奥まで美しく並んだ熟成樽に感動!

瓶内二次発酵(シャンパーニュと同じ作り方)であるスプマンテがずらりと並ぶセラーでは、手作業で行われる瓶内の澱を集める作業(ルミアージュ)の様子を細かく説明してくださいました。

細部まで手が行き届き、こだわりを感じる内装からセンスの良さが伺えます。

www.cascinachicco.it/index.php/en/cascina-chicco-wines

Fortunately, Mr/Mayor Enrico Facenda ( who’s managing Cascina Chicco with his family) explained about the history and all the process of winemaking in person.
The celler is truly wonderful and gorgeous! Inside was larger than I expected but during the tour, stylish architecture kept me excited so times went so fast.

He showed us behind-the-scenes look at how Spumante (sparkling wines) are produced.

 Celler is large and gorgeous.

 

Tasting | ワインテイスティング


イタリアワイン スプマンテ ネッビオーロ アルネイス 

セラーを見学した後は、いよいよテイスティングへ。
今回試飲したのは写真左からスプマンテロエロアルネイスの白、ネッビオーロの赤3種類。

スプマンテ:辛口、フレッシュな柑橘系のフルーツとエレガントなお花の香りが心地よい

ロエロアルネイス:スッキリした酸味と飲み口、上品な後味がたまらない(アルネイスとは?)スプマンテと共に和食やシーフードにぴったりで日本のレストランでも人気のワイン。

ネッビオーロ:フルーティで飲み口の軽やかなはタンニンや渋みなどをあまり感じずとっても飲みやすく、ネッビオーロを初めて飲む方にオススメです。カッシーナキッコのネッビオーロやバルベーラは日本食とも合わせて頂きたいワインです。

カッシーナキッコのワインリストはこちら
Wine lists of Cascina Chicco

一緒に出されたグリッシーニもおいしかったなぁ。

I personally loved their white wine: Roero Arneis…Intense and persistent of apricot, elegant perfume, final notes of chamomile. Harmonious. Goes well with Japanese food!

Nebbiolo is fruity and mild, didn’t feel tannic and acidity so I would recommend for the person who tastes Nebbiolo for the first time!

数々の賞を受賞しているカッシーナ・キッコ。一覧表にはボトル毎の評価がずらり!素晴らしい…。
高品質な上、コストパフォーマンスの良さも魅力的です。

Vineyards | ワインは「畑」から。
無農薬、テロワールを生かしたこだわりの畑


「今回は特別にワイナリーも見ましょう」と、エンリコさんに連れて行って頂いたのはカナーレのぶどう畑です。

無農薬栽培で、収穫は全て手作業で行われています。土地の持つテロワールを生かしたぶどう栽培を行なっています。畑の名前がそのままワイン名として付けられていることからも、畑に対する情熱が感じられますね。

History|3世代にわたり受け継がれるワイナリー 「カッシーナ・キッコの歴史


元々はサラミを販売するサラメリアが本業であったファチェンダ一家。「カッシーナ・キッコ」の歴史は、1950年にエンリコさんの御祖父様であるエルネスト・ファチェンダさんが購入した1ヘクタールの土地から始まります。

ネッビオーロ(Nebbiolo)とバルベーラ(Barbera)の栽培 から始まったワイン作りは2代目に引継がれ1980年代に「カッシーナキッコ」を設立しました。上の写真は創業当時のカンティーナです。

19世紀後半、フィロキセラという害虫の影響でヨーロッパのぶどうの苗が壊滅的な被害を受け、たくさんのワイナリーが経営困難となる中で桃の生産が経営難を救ったのだそうです。

優れたビジネスセンスと革新的な試みにより、その後も家族の絆と共に成長を続け、現在では40ヘクタール以上の畑を所有。年間で合計35万本以上のワインを生産するまでに拡大しました。

Lunch |カナーレの絶品タヤリンとおすすめバローロ


昼食は「ピエモンテ一、美味しいタヤリンが食べられる!」というカナーレの老舗レストランil centro へ連れて行って頂きました。

タヤリンとは、卵の練り込まれたピエモンテ州のご当地パスタのこと。こんなに細いタヤリンは初めてで、感動のあまりたくさん写真を撮り続けてしまいました。バターとからめ、パルメザンチーズをかけただけのシンプルな味付け、でも味は絶品!あぁ、思い出すとまた食べたくなってきました〜。

エンリコさんのチョイスでお料理に合わせてカッシーナキッコのロゼスプマンテバローロを一緒に頂きます。
Ginestraの畑で生産されたバローロ(2010)はワインスペクテイターで95点を獲得したという逸品。香りを嗅いだ瞬間に虜になってしまいました…バローロ好きは見逃せないおすすめの一本です。

After the cantine tour, they took us to one of the best restaurants in Canale ” il centro 
I tried Tajarin (Egg noodle: typical pasta from Piedmont) was very thin, simple taste but delicious! I highly recommend trying typical food in this region. You will be surprised how wines match with their local food perfectly.
We had Rose Spumante and Barolo Riserva 2010 (Cascina Chicco ) scored 95 by Wine inspector. 


モダンなスタイルにアレンジされたピエモンテの郷土料理はどれも美味。優しい味付けに繊細なワインの香りと味わいがお互いの長所を引き立たせる絶妙な組み合わせでした。

写真は皆さんの召し上がったものまで混ぜこぜですが、デザートまでしっかり頂きましたよ。デザートはピスタチオづくしです。

カンティーナへ戻り、エンリコさんと共に記念撮影。美味しいワインとお食事も温かいおもてなしのおかげで一層おいしく、すっかり満たされた1日となりました。

I had a wonderful time and got the warm feeling because of their kindness! I have been many wineries but realistically, It’s not happened a lot to feel close to the winemakers and touching their passion. And this is why I’d love to introduce you ! (you as wine lover)
Not only wine, but there are many more charms for visiting Cascina Chicco.

イタリア ワイナリー

イタリア ワイナリー

今回、オーガナイズをしてくださったのはPR会社Well comのシモネッタさん。貴重な体験とお心遣いをありがとうございました。

ワイナリーは英語対応可能。親切なスタッフの方々が丁寧にご対応してくださるので安心です。

ぜひ、カナーレへ至福のワイン旅を企画してみてはいかがでしょうか。

Thank you so much for this wonderful experience  Ms, Simonetta from Well Com.

Cantine tour requires a reservation. Please book before you go!
(English tour is available )

 

 

C A S C I N A  C H I C C O
Società Agricola Semplice
Adress:Via Valentino, 14 – 12043 CANALE (CN) – ITALY
Tel: 0173 979411
Instagram

★ワイナリー見学の詳細はこちら
URL ⇦BOOK TOUR HERE


カンティーナの様子はこちらからもご覧になれます。

◆「カッシーナ・キッコ」ワイナリー見学◆

内容:セラーの案内とテイスティング
所要時間:約1.5~2時間
予約方法: 電話またはホームページ上にて

テイスティングメニュー / Tasting Menu

・The nuances of Nebbiolo
「ネッビオーロ」テイスティング

…ピエモンテの代表品種「ネッビオーロ」4種類。
スパークリングと赤ワイン3種(バローロ含む)の4つの畑の違い、熟成年数による味わいを比較できます。

・Roero: the elegance of the terroir
「ロエロのエレガントな4種」のテイスティング

…上品でまろやかなロエロ地方のワイン4種類。
DOCGアルネイスの白ワインの他まろやかなタンニンが特徴のバルベーラとネッビオーロ、バローロを試飲頂けます。

・Cascina Chicco’s historic crus
「カッシーナ・キッコ伝統のクリュ」テイスティング

…上級畑で栽培された最高品質のワイン4種。
最高品質の畑から生まれた白(アルネイス)、赤(バルベーラ、ネッビオーロ、バローロ)の贅沢な4種を試飲頂けます。

・Flashback: the 2000’s
「ビンテージワイン」テイスティング

…2001年からのビンテージワイン(バローロ含む)4種を試飲頂けます。

 

 

 

 

 

イタリア旅行&ワインのコラム連載中です🇮🇹

↓ ↓ ↓

▫️イタリア大使館&三越伊勢丹「あがるイタリア」

▫️三越伊勢丹トラベルサロン「mi viaje 」

Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です