イタリアで最もDOCG(最高格付け)ワインの多い州は…?

今日は復習をかねてワインのお話を少し。
イタリアワインを飲む時にワインの注ぎ口あたりについてるシール。あるものと無いものがお店にならんでいます。

これは一体何かというと、醸造、熟成過程、栽培品種や地域において複数の基準をクリアし、イタリア政府から認定を受けたという印。シールの代わりにラベル(エチケット)に記載があるものもありますが、この基準にもランクがあり上からDOCG→DOC→IGT(IGP)という順番に分かれています。

その最高格付けであるDOCG認定を受けているのは、今もしかするとあなたが興味を持っておられる(と嬉しい)ピエモンテで、現在17地区!同じくワイン産地として知られるトスカーナは11地区、アマローネやプロセッコといえばのベネトでは14地区。つまり最高格付け認定を受けたワインが最も生産されている州=ピエモンテということなのです。そしてこれを派手に宣伝しないのがピエモンテの人々のスタイル…州ごとに思想が違って面白い…。

ということで、せっかくならこの高品質認定を受けたDOCGワインを飲みたいと思ったあなたへ。今日はピエモンテのDOCGを全てご紹介。DOCGの数は年々少しずつ増えているのでこちらは2016年度のものになります。

そして下の一覧から注目したいのが使用葡萄、単一品種100%。つまりこれらは葡萄のブレンドをしていないということでその葡萄一種類の味のままで勝負しているということ。(実際に葡萄畑へ訪れると、素晴らしい自然環境のもと育つ葡萄(大自然の恵み)にあえて何も加えなくてもいいんだなと納得させられてしまいました)もっと掘りつめるとブレンドの相性とかそういうのもあるのだと思うけど。

かといって、DOCGやDOCがないから良いワインではないの?というとそんなことはなく、独自の方法でこだわって生産している生産者もいらっしゃるので まずは、こういうワインの基準がイタリアにあるんだということを知るだけで、明日からのワイン選びが少しだけ楽しくなるかもしれません。

 

【ピエモンテ州のDOCG一覧】

①Asti/Moscato d’Asti
甘口、白、スパークリング

品種/Grapes:Moscato Bianco 100%
シャルマ法/Metodo Charmat

②Alta Langa
白、スパークリング、ロゼ (White,Sparkling,Rose)
品種(Grapes):Pinonero,Chardonney,
瓶内二次発酵(Metodo Classico)

③Barbera d’Asti
赤/Red

品種/Grapes:Barbera

④Brachetto d’Acqui
赤、赤スパークリング

品種/Grapes:Brachetto

Barbera del Monferrato Superiore
赤/Red

品種/Grapes:Barbera

⑥Ruchè di castagnole Monferrato
赤/Red

品種/Grapes:Ruchè

⑦Erbaluce in Caluso
品種/Grapes:Erbaluce

⑧Roero
白、赤 リゼルヴァ、スプメンテ White/Red/Riserva/Spumante

品種/Grapes:白(W)Arneis 赤 (R)Nebbiolo

⑨Barolo
赤 Red

品種/Grapes:Nebbiolo 100%
熟成期間/Aging: 3years /Riserva 5years

⑩Barbaresco
赤 Red

品種/Grapes:Nebbiolo 100%
熟成期間/Aging: 2年(years) /Riserva 4年
⑪Gattinara
赤 Red
品種/Grapes:Nebbiolo 90%
熟成期間/Aging: 37ヶ月(months) -Riserva 49ヶ月m

⑫Dolchetto di diano d’Alba
赤 Red
品種/Grapes:Dolchetto 100%
熟成期間/Aging: 18months

⑬Dolchetto di ovada superiore
赤 Red

品種/GrapesDolcetto 100%
⑭Dogliani
赤 Red
品種/Grapes::Dolcetto 100%

⑮Gavi
白、スパークリング White/Sparkling
品種/Grapes:Cortese100%

⑯Ghemme
赤 Red

品種/Grapes:Nebbiolo 75%

⑰Nizza “NEW”
赤 Red

品種/Grapes:Barbera 100%

 

Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です