トスカーナの名門アンティノーリのワイナリー「Marchesi Antinori」訪問 |

トスカーナの名門アンティノーリのワイナリー「Marchesi Antinori」訪問  |

アンティノリ ワイナリー

ずっと行きたかったトスカーナの名門アンティノリのワイナリーへ、ようやく行くことができました。

昨年の冬、ソムリエ講習合宿のため約2ヶ月半トスカーナへ滞在していました。イタリア全土DOCGの暗記をはじめ、ワイン以外のアルコールの知識を詰め込んで、200種類以上のワインをテイスティング!正直、テイスティングは辛くなかったけど、大人になってからの暗記というのは思った以上に大変で、泣きそうになりながら他の生徒さんと協力して頑張りました。

結果はどうあれ、頑張ったご褒美ということで夫が気を利かせて企画してくれていたのはイタリアワインの名門、アンティノーリのカンティーナ訪問。

 

Antinori Nel Chanti Classico

スーパータスカンの先駆者、アンティノーリ


1385年から続くイタリアワインの名門マルケージ・アンティノーリは、ワイン好きならお馴染みスーパータスカンのティニャネロや、ソライヤなど偉大なワインの生産者。

トスカーナを拠点に、イタリア国内に10以上、さらにはアメリカのナパバレーにもワイナリーを所有する大規模なワイナリーです。今回はキャンティ・クラシコ地域のワイナリーへ。

アンティノリ ワイナリー

アンティノリ ワイナリー

アンティノーリとイタリアワインの歴史


※フィロキセラ (詳細は下記)の影響でぶどうの苗がほぼ全滅し一時低迷していたイタリアワイン。1970年代から、最先端の醸造技術を導入して世界に通用する高品質なワイン造りを目指す「イタリアワイン・ルネサンス」と呼ばれる革命が起き、イタリアワインの品質が目まぐるしく向上しました。

規定に囚われず、高品質のワインを作ろうと、ボルゲリ(サッシカイヤ)を発祥に生まれたスーパータスカン。この時、アンティノーリにより作られたティニャネロや、ソライヤもスーパータスカンの先駆けとして世界へその名を知らしめました。

※フィロキセラとは・・・
フィロキセラ=ブドウネアブラムシ(葡萄根油虫)は、ブドウ樹の葉や根にコブを生成してブドウ樹の生育を阻害し、枯死に至らせる昆虫である。19世紀後半、品種改良のためにヨーロッパへ移入したアメリカ原産のブドウ樹に付着していたことで、ブドウネアブラムシへの抵抗力を持っていないヨーロッパブドウ(ヴィニフェラ種)に全滅に近いほどの被害を及ぼし、多くの歴史あるワイナリーがそのワイン畑と共に失われた。(ウィキペディアより引用)

 

伝統と革新が入り混じる、アンティノーリの世界


入り口に到着すると美しい螺旋階段が迎えてくれます。ワインだけでなく注目したいのは、総工費100億円以上と言われるモダンなワイナリー兼オフィス。フィレンツェ出身の若手建築家、カザ・モンティ氏により、ワインの木樽やコルクを再利用するなど、環境に配慮した近代的なデザインに設計されています。
アンティノリ ワイナリー の螺旋階段

アンティノリ ワイナリーの螺旋階段

アンティノリ ワイナリー 

受付を済ませ、シアタールームでアンティノーリの紹介ビデオ(というよりドキュメンタリー映画)を視聴、セラーへ移動します。

カンティーナを案内してくださるのは、トップクラスの知識と経験を持つマスターソムリエのイタリア人女性。専門的な知識でワインの醸造、熟成と、カンティーナの歴史を説明して頂きました。

まず、セラーの広さに感動、美しいデザインに感動、そして最も感動したのは試飲室。ガラス越しにセラーを見おろせるスタイリッシュな空間。ワインを飲む前から、いろんな要素に酔ってしまいそう。
アンティノリ 圧巻のセラー!

アンティノリ 圧巻のセラー!

Wine Tasting 


アンティノリが所有するイタリア国内各地のワイナリーで生産されるワインが試飲できます。キャンティ・クラシコが生産されるワイナリーのため、スーパータスカンの熟成樽はこちらにはありませんがトスカーナの土着品種であるサンジョベーゼを使用したキャンティクラシコが現地で味わえるのは嬉しいですね。
試飲は以下を含む5種類。
  • Cervaro della Sala Umbria IGT ,
  • Badia a Passignano Chianti Classico DOCG Gran Selection ,
  • Pian delle Vigne Brunello di Montalcino  DOCG ,
  • Tignanello Toscana IGT

Lunch


試飲のあとはアンティノリのワイナリーに併設されているレストランでペアリングランチを頂きます。ウエイターの方ももちろんソムリエの方。私はお魚のコースでお願いしましたが赤を飲まないのは勿体無いので、色々と融通を効かせてくれるイタリアのサービスを良いことに、余分に赤も頂きました。Cont’Ugo Bolgheri 。これは、美味しかったなぁ。最後にデザートと合わせて出された貴腐ワイン(甘口)も絶品。
ワインリストはこちら
  • Cont’Ugo Bolgheri DOC ,
  • Guado al Tasso Bolgheri DOC Superiore
  • Umberto IGT Umbrella
  • Mufato della sala 2011(貴腐ワイン)
多数のワイナリーを所有するアンティノーリ、サンジョベーゼ以外に、スーパータスカンに配合される(※使用品種は以下)カベルネソーヴィニオンやメルロー等の国際品種のブレンドも含め、様々な種類があるので楽しみながらテイスティングができました。

※以下、こちらで作られるスーパータスカン2種の使用品種。

 

ティニャネッロ
サンジョヴェーゼ80%
カベルネ・ソーヴィニヨン15%
カベルネ・フラン5%

ソライヤ
カベルネ・ソーヴィニヨン75%
サンジョヴェーゼ20%
カベルネ・フラン5%

本日、迷わず購入したのはCont’Ugo。迷いながらも購入したのはTignanello(ティニャネロ)。ティニャネロは我が家のワインコレクションへ仲間入りしました。

 

そして後日、合格通知が無事に到着。

 

全く自信がなかったので喜びも2倍。
おかげさまでこのティニャネロは、美味しく頂けそうです。
Via Cassia per Siena, 133, 50026 Loc. Bargino, San Casciano in Val di pesa FI,
Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です