イタリア|カラフルな港街「カモーリ」を散策 海の底に眠るワインとは?

Camogli(カモーリ)

今日は海が好きな方に是非おすすめしたい

イタリア、リグーリア州ジェノバ県の小さな港Camogli(カモーリ)。

反対側にはポルトフィーノという美しい港町があり世界中からセレブリティがバカンスで訪れます。そちらの知名度が高いため割と旅行者も少なくローカルの雰囲気を楽しめる穴場の場所。

 

海岸沿いには地中海らしいカラフルな家が立ち並び、散歩するだけでわくわくします。

   

リグーリアで食べたいフルッタ•ディ•マーレ


お昼にふらっと入ったトラットリアLo Spuntinoではフルッタ•ディ•マーレ(Frutta di mare)のリングイネとヴェネト州の軽めのプロセッコをオーダー。

リグーリアに来たらバジルソースのジェノベーゼだけでなく数種の魚介で作られるフルッタ•ディ•マーレやあさりの入ったボンゴレパスタもおいしくておすすめです。

テラス席で海辺の景色が味わえる、雰囲気重視の観光にぴったりのお店です。

食事もおいしく頂けました。

Lo Spuntino
via garibaldi 172, 16032 Camogli
https://www.facebook.com/lospuntinotrattoria

リグーリア州で気になるワイン


リグーリアでチェックしておきたいワインはPigato, Vermentinoの品種の白ワインや地元のロゼワイン、Rosseseを使用した赤ワイン等。

個人的に夏の暑い日は特に、新鮮なシーフードとPigato, Vermentinoのすっきりした白がおすすめです。

リグーリアには8つのDOCがありますが中でもColli di Luniのワインは中々手に入りにくいといわれているようで(ソムリエ講習で先生から教えてもらいました)見つけたら試してみたいワインです。

Colli di Luni DOC
生産者;Ottaviano Lambruschi

品種:Vermentino
Costa Maria
13%(写真URL )

 

海底60メートルの海の底で眠るスプマンテ


ワイン:ABISSI
法:メトドクラシコ

Golfo del Tigullio-Portofino DOC
生産者:BISSON

品種:Bianchetta Genovese,
Vermentino,
Pigato


 

こちらのワインは、海底60メートルの海の底で澱との熟成を行っている、まさに海から生まれたワイン。なぜ海の底?というと、単純にセラーのスペースがなかったため、「海の中で熟成してはどうかな」冗談から生まれたアイデアだったのだそう。
海の底で眠るワイン…コンセプトが素敵。

バカンス期間、そしてお昼時でしたのでほとんどのお店は閉まっていたのが残念でしたが
写真をとったり、海を眺めたりしてゆっくりとした時間を満喫できました。
まだあまり知られていない隠れた港町、カモーリ。是非一度訪れて頂きたい場所の1つです。

Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です