秋のワイン畑。偉大なバローロ・ドミニコ・クレリコ

ドメニコ•クレリコ|DOMENICO CRERICO

バローロやバルバレスコなど伝統的なワイン作りが行われる北イタリア、ピエモンテのカンティーナって古い場所が多いのかなと想像がちですが、実はとってもモダンでおしゃれな場所がたくさんあります。ということで本日訪れたカンティーナは素晴らしいバローロを作りだす偉大な生産者ドメニコ•クレリコ DOMENICO CRERICO。

バローロがワインの王様とよばれるようになるまで様々な歴史があるわけですが、バローロの生産者として、バローロのワイン作りに革新をおこしたバローロボーイズの初代のひとりがこちらの生産者ドメニコ•クレリコ氏。カンティーナを取り囲む葡萄畑に圧倒されながらゲートへ到着、扉が開くと近年改装されたスタイリッシュな空間が広がります。








さっそくカンティーナの中へ入り醸造過程の話を聞きながら、奥へと進んでいきます。

続いて熟成過程の樽が並ぶ部屋へ。この後よりテイスティングまでドメニコ•クレリコ氏ご本人も同行してくださり、まだまだ現役でワインと接する姿はとても印象敵でした。



IMG_6868.JPG

その後は、窓から葡萄畑が見渡せる試飲室へ。

ランゲ・ネッビオーロ
バルベーラ
バローロの試飲。

 



このバルベーラはエレガントでまろやか、熟したプルーンの香りなどが感じられてとても好みの味でした。

エチケットにPer Cristinaと書かれた一番右のBaroloは「クリスティーナへ」と、亡くなった娘さまに捧げるワインとして作られました。「死ぬ事よりも怖いことは、人々に忘れさられることだ」という言葉を聞いた事があるけど、娘さまの存在と、彼女へ捧げた親の愛情はワインを通していつまでも生き続けることでしょう。

ほろ酔い良い気分で外に出ると、曇っていた空が晴れて、美しい秋のワイン畑が。

イタリアの秋、ピエモンテは白トリュフにポルチー二茸。樽のきいた白との相性は抜群で、基本赤と言えばお肉ですが、風味豊かで後味が長いトリュフやポルチーニを使った料理なら重くない若めの赤ワインとあわせても良し。

おいしいもので溢れていて、困る。

Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です