白ワインのおつまみ:簡単、芽キャベツのソテーパルメザンチーズ風味

今日は我が家の鉄板おつまみ。
芽キャベツのソテーパルメザンチーズ風味。いつもシンプルな料理ばかりですが、これは一番簡単に作れて、しかもおいしい…。野菜があまり過ぎじゃない主人もなぜか大好物の一品です。

パルメザンチーズを加えてとろけたチーズをカリッと香ばしく仕上げるのがポイントです。味付けは野菜コンソメと、パルメザンチーズのみでお塩は使っていません。チーズの代わりにパン粉で仕上げてもおいしく仕上がります。チーズやパン粉をかけることで、より一層ワインとの相性がよくなりますよ。


【材料】

芽キャベツ   8〜10個
パルメザンチーズ(すりおろしたもの) 大さじ1
固形野菜コンソメ(包丁等で細かくしておく) 少々 
パン粉      少々

1)芽キャベツを熱湯で1分半〜3分お好みの固さにゆでて、半分に切る。

2)フライパンにオリーブオイルを敷き、野菜コンソメを少々振りかけ芽キャベツを炒める。

3)ある程度全体に焼き目がつき、火が通ったらパルメザンチーズ、パン粉を振りかける(固形チーズならすりおろす)

4)チーズにきつね色の焦げ目がつき、カリッとしてきたら完成。

 

あともう一品!という時の白ワインのおつまみに、おすすめです。

Follow:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です